十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう):JHT

十味、つまり10種類の生薬からなり、毒を敗退させる効果があるという意味の漢方薬です。

この場合の「毒」は「ポイズン」のことではありません。

漢方では色々なときに毒と表現することがありまして、

ここでは簡単に、皮膚にできる「できもの」「腫れ物(はれもの)」のこと、としておきます。

(→黄連解毒湯の解説のところで「毒」についてはもう少し詳しく書いています)

主に皮膚科領域で使われる漢方薬。

日本生まれの漢方薬の一つでもあります。

十味敗毒湯の出典

『瘍科方筌』華岡青洲(または『勿誤薬室方函口訣』浅田宗伯)

荊防敗毒散 (けいぼうはいどくさん)をもとに、華岡青洲が「十味敗毒」(散剤)を考案、それを少し改良して「十味敗毒」(湯剤)としたのが浅田宗伯ということです。

※華岡青洲(はなおかせいしゅう)は、江戸時代、乳がんの手術を世界で初めて全身麻酔下で行って成功させた外科医として有名ですが、もちろん皮膚の「できもの」「腫れもの」の治療もたくさん行っていたと思われます。例えば火傷や裂傷に用いる外用薬「紫雲膏(しうんこう)」も華岡青洲の考案です。

十味敗毒湯の効能・適応症状

じんましん、湿疹、

皮膚炎(アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎、貨幣状湿疹)

水虫、尋常性ざ瘡(ニキビ)、腫れ物、化膿性皮膚疾患、とびひ

乳腺炎、乳房炎、フルンクロージス(癤腫症)

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が十味敗毒湯で治せる、ということではありません。

十味敗毒湯の組成(構成する生薬)

  • 荊芥(ケイガイ)
  • 防風(ボウフウ)または浜防風
  • 桔梗(キキョウ)
  • 柴胡(サイコ)
  • 川芎(センキュウ)
  • 茯苓(ブクリョウ)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 生姜(ショウキョウ)
  • 独活(ドクカツ)
  • 桜皮(オウヒ)または樸樕(ボクソク)※

※桜皮⇒華岡青洲、樸樕⇒浅田宗伯
桜皮はサクラの樹皮、樸樕はクヌギの樹皮、どちらも日本の生薬であり、中国の方剤の中にはみられません。
樸樕は「治打撲一方」にも使われます。土骨皮(ドコッピ)と言われることもあります。

構成生薬からみた十味敗毒湯の特徴

各生薬の大まかなはたらきをまとめますと、

①荊芥②防風は、消風散・清上防風湯・荊芥連翹湯・防風通聖散・治頭瘡一方など皮膚疾患の適応がある漢方薬にはおなじみの定番コンビ。辛温解表薬。体表の風邪(ふうじゃ)による湿疹・かゆみを発散させます。

③生姜の発汗作用もそれを後押しします。

発散しきれない熱が体表にこもってしまうので④柴胡の辛涼性の解表薬も加わります。

⑤独活は湿を温めて乾かし痒みを抑え、⑥茯苓は利水(利湿)により体表部の滲出液を抑えます。

⑦桔梗⑧甘草のペアはいわゆる「桔梗湯」ですので消炎・排膿です。⑨川芎も同様。

また川芎と⑩桜皮(樸樕)は体表の血の流れを良くして熱がこもらないようにし消炎効果を補います(桜皮は排膿作用が主、樸樕は鎮痛作用が主)。

 

排膿や止痒の効果をもつ一方で、

逆に、黄連や黄芩、連翹のような清熱薬(熱を冷やす薬)が配合されません。

つまり十味敗毒湯は、熱証向きではなく、皮膚に強い赤みや熱感のある症状には(単独では)適しません。

ですので、化膿性疾患、ニキビなどに用いる場合も、赤みのひどくない、比較的初期の段階で用いられています。

 

化膿性の疾患でなくても、消炎・止痒の効果を期待して、アトピー性皮膚炎や蕁麻疹に使われることも多いです。

この場合も同じように十味敗毒湯は温性薬が中心ということで、夏の時期よりもどちらかというと冬に増悪するタイプに使われる傾向があります。

(夏に増悪して分泌物の多い場合は、消風散がよく使われます。十味敗毒湯と消風散が併用されることもあります)

 

また、気血を補ったり、胃腸の働きを高めたり、体力をつけたりすることを意図した配合はみられません。虚の部分を補って内側から体質を改善しようとする方剤(補剤)ではなく、やはり作用は体表(皮膚)の改善がメインです。

十味敗毒湯の注意点

  • 毒を皮膚から外に出して治そうとしている方剤ですので、服用開始初期に、一時的に症状が悪化したようにみえることがあるかもしれません。
  • 排膿作用を強めるときは排膿散及湯を併用したり、赤みや痒みが強いときは黄連解毒湯を併用したり、他の漢方薬と一緒に用いた方が良い場合があります。
  • 他の柴胡剤と同様に、(ときに生薬を加えたり、他の漢方薬を併用したりして、)体質改善に用いられることもあります。
  • しかし体質改善目的ならば体質に応じた漢方薬を選ばなくてはいけません。症状が治まったときや症状が慢性化しているときは漫然と服用しないでください。
  • 特に、胃腸が弱い人や、病後などで体力の衰えている時には注意してください。
  • 体質改善には十味敗毒湯を服用することだけでなくむしろ、食生活の乱れや睡眠不足、タバコ、便秘などを減らすことも重要です。
  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク