桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう):KSTS

桂枝湯」(けいしとう)の芍薬を倍量にしたもの。

または、「小建中湯」(しょうけんちゅうとう)から膠飴を除いたものに相当します。

感冒に使われる桂枝湯を、より消化器の方に働くようにした漢方薬です。

また芍薬を増やすことによって、鎮痙・鎮痛作用、筋肉のひきつりや緊張を緩和する作用が強化されます。

主には腹痛や下痢などの消化器症状に用いられます。

桂枝加芍薬湯の出典

傷寒論(3世紀)

桂枝加芍薬湯を構成する生薬

  • 桂枝(ケイシ)または桂皮(ケイヒ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 生姜(ショウキョウ)
  • 大棗(タイソウ)

桂枝加芍薬湯の効能・適応症状

腹痛、しぶり腹、残便感、腹部膨満感、嘔吐

過敏性腸症候群による腹痛・下痢、ストレスや緊張による下痢

または、便秘と下痢を交互に繰り返すもの

体質虚弱者の虫垂炎や腹膜炎、急性腸炎、慢性腸炎などの炎症、(脾虚による)鼠経ヘルニア、陰嚢ヘルニア

便秘、痔、胃下垂などの臓器の下垂

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が桂枝加芍薬湯で治せる、ということではありません。

桂枝加芍薬湯の使用のポイント

比較的虚弱な人で、お腹が冷えていたり、消化器のはたらきが低下している人向きの漢方薬です。

ストレスや緊張による腹痛、下痢によく用いられます。

IBS(過敏性腸症候群)に対してはファーストチョイスです。

一回の排便が少ないけれど、腹痛、残便感、しぶり腹、下腹部の膨満感などがあり、回数の多くなる下痢に適します。

大黄を含む方剤で腹痛や下痢を起こしてしまう人の、便秘に用いられることがあります。

桂枝加芍薬湯の副作用・注意点

基本的には桂枝湯と同じで、寒虚証向きの方剤です。

どちらかというとやや虚弱者の腹痛に適します。

同じような症状で、便秘の傾向が大きい場合は、これに大黄を加えた「桂枝加芍薬大黄湯」が適します。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

桂枝加芍薬湯関連のブログ記事

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク