三物黄芩湯(さんもつおうごんとう):SOT

黄芩(おうごん)を含む3種類の生薬で構成することから三物黄芩湯。

陰虚火旺に対する基本方剤です。

主に、四肢の煩熱、つまり手足のほてりが不快で苦しいとき、手足がほてって眠れないときに用いられています。

 

夜寝るときに、手の平や足の裏がほてって困るという人がいますね。

布団から手足を出して寝ているとか、

足の裏にシップを貼って寝ているとかも聞きます。

夜間の手足のほてりは不快感をともない、不眠を招きます。

東洋医学的には、夜の手足のほてりは「陰虚」の症状のひとつです。

陰虚=陰液が虚している。

身体の潤いに必要な水分(陰液)が不足(虚)している、ということです。

 

陰が弱いと、相対的に、陽が勝ってしまうというのが陰陽理論ですので、

冷やすことができなくて、身体の中で陽が増えたかのような症状、熱っぽさの症状が出てきます。

手足のほてりの他、口の渇き、舌が赤くなる、寝汗をかく、尿の色が濃いなどです。

 

このような陰虚による熱(虚熱または陰虚内熱)に対しては、滋陰清熱の効能がある方剤が必要です。

潤して冷ますものです。それに適した地黄・黄芩・苦参の3種類を配合しているのが、三物黄芩湯です。

三物黄芩湯の出典

『金匱要略』(3世紀)

「千金三物黄芩湯は婦人草蓐に在りて、自ら発露して風を得、四肢煩熱に苦しむを治す。頭痛する者は小柴胡湯を与う。頭痛まずただ煩する者は此の湯これを主る」(婦人産後病篇)

つまりもともとは産後の発熱、産褥熱で煩する(苦しい)ものに対する処方

三物黄芩湯を構成する生薬

  • 黄芩(おうごん)
  • 苦参(くじん)
  • 地黄(じおう)※原典では乾地黄(生の地黄を乾燥したもの)

黄芩と苦参が清熱薬。炎症の熱を抑える生薬です。

苦参はその名の通りとても苦い生薬。清熱作用のほかに、止痒作用と殺菌作用があるのが特徴です。

出産後の産道からの細菌感染を想定して配合されているようです。

熟地黄は補血とともに滋陰にも優れます。乾地黄の場合は清熱涼血の作用が強くなります。

3つの生薬の中で分量が最も多いのが地黄で、清熱作用を強化するとともに、黄芩や苦参の燥性とのバランスをとっています。

三物黄芩湯の効能・適応症状

手足のほてり

湿疹、皮膚炎、主婦湿疹、掌蹠膿疱症、手足の荒れ、手足の掻痒症

不眠、更年期障害、口内炎、高血圧症

トリコモナス膣炎、白鮮症

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が三物黄芩湯で治せる、ということではありません。

三物黄芩湯のポイント

清熱薬のみで構成される黄連解毒湯などは、炎症や充血による熱(ほてり、かゆみ)をよく抑えます。

それに対して、三物黄芩湯の場合は、身体に潤いが不足していることで生じている不快な熱症状を抑えます。

体内に必要な陰液が不足し、手足の熱感があり、それに伴った、不眠、イライラ、痒み、湿疹などに応用されます。

陰虚なので舌は乾燥して小さくなっている傾向があります。

もともとは産後の薬ですが、月経による出血時に起こる場合も同様です。

三物黄芩湯の副作用・注意点

胃腸をフォローする生薬は配合されていないシンプルな処方です。

胃もたれや食欲低下などの消化器症状に注意してください。胃腸が弱い人には適していません。

生薬の薬味は寒性ですので、冷えがある方にも適しません。

とても苦いです。エキス剤の場合はお湯に溶かさずにそのままの方が飲みやすいかもしれません。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク