漢方薬・生薬認定薬剤師が漢方薬のことをわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

自己紹介とサイトの内容についての注意点やお願い

  • HOME »
  • 自己紹介とサイトの内容についての注意点やお願い

自己紹介

ご訪問ありがとうございます。

このブログの記事を書いている私の職業は、薬剤師です。

漢方薬・生薬認定薬剤師を取得しています。

普段は、熊本県の一般的な調剤薬局に勤務しており、西洋薬も扱っています。

漢方薬に興味があって勉強をはじめたけれど、知れば知るほど奥が深い漢方薬の世界。

みなさんも漢方薬はちょっとむずかしいって思っていませんか?

漢方薬がみなさんの健康に役立つものとなることを願って、分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

現在の日本の漢方について

まず、現在の日本で扱われている漢方薬には2つの系統があります。

ひとつは、中国の伝統医学である「中医学」の理論を応用しているもの。

もうひとつは、江戸時代に日本で発達した、いわゆる「漢方」の考えを重視したものです。

 

中医学では、病因・病理を分析(弁証)して治法を導きます。「弁証論治」といいます。

分析には専門用語・中医理論の知識が必要になります。

症状:悪寒・発熱・無汗・頭痛・脈浮緊
→分析:風寒の邪が体表を侵襲している
→弁証:風寒表証(太陽病)
→治法:辛温解表薬で治療
→処方決定:麻黄湯など
というスタイルです。

一方、日本漢方では、病因によらず、どちらかというと、結果として出現している症状を重視します。「方証相対」といいます。

風邪のひき始め・体がゾクゾク・発熱、汗をかいていない、頭痛・首筋にこわばりがある
→であれば「葛根湯」が効く症状である

とか、「雨の日に頭痛するタイプには五苓散が良い」
というような、口訣(くけつ)と言われるものがあります。

ただ、このサイトでは、どちらの系統で解説していくかということは特に考えておらず、

漢方薬をなるべく分かりやすく、そして正しく理解して使ってもらえるように、というのを基本にして書いていきたいと思います。

皆様が例えば薬局で、ドラッグストアで漢方薬を選ぶ際の参考になればと思います。

もし分かりにくいときにはご指摘ください。

漢方薬に関する情報の問題点

例えば「香蘇散」という漢方薬があります。

その効能は、

ツムラの場合、胃腸虚弱で神経質の人の風邪の初期です。

コタローの場合、感冒、頭痛、ジンマ疹、神経衰弱、婦人更年期神経症、神経性月経困難症です。

メーカーによっても効能が統一されているものではありません。

また漢方薬局が保険を使わずに漢方薬を販売するときは、突発性難聴にも使いますし、胃薬としても使います。

公に認められているか認められていないかに関わらず、また病名に関わらず、その人の体質に合っていれば用いるものです。

 

また、例えば漢方の専門家は、花粉症に越婢加朮湯という漢方薬を使うことがありますが

越婢加朮湯の保険適応病名には花粉症は書いてありません。

保険が認めれる病名は、腎炎やリウマチなどです。

漢方薬局で花粉症に対して越婢加朮湯を勧められて購入した人が、ネット上で越婢加朮湯の効能を検索して、保険で認められている効能しか見つけられなかったら、逆にすごく心配になってしまうと思います。

 

私は、実際の医療現場において、漢方薬の使われ方はもっと多様であって良いと考えていますので、

公に認められているかいないかに関わらず、参考になりそうな情報を書いていきます。

よろしくお願いいたしますm(__)m

このサイトの情報についての注意

漢方薬の解説記事の内容は、あくまでも理論的な解説でありますので、実際に使用した際の効果を保証するものではありません。

教科書的な内容(を分かりやすく書き直したもの)であり、臨床に則した記述ではありません。

症例に基づいた実際の漢方治療の内容を知りたい方は、そのような漢方医、中医師、漢方専門薬局さんが書かれているブログなどをお読みください。

 

また、上述したように、漢方薬の保険適用などには縛られずに書いています。

もし、保険診療において漢方薬をお使いになる場合は、承認されている適応症、指示されている用法用量をお守りになり、ご自身の判断でよろしくお願い致します。

本格的な漢方薬治療をお望みの方は、きちんと漢方的診察、弁証論治を行ってくれるお近くの専門家を直接頼ってください。

 

本サイトで提供する情報等に関しては、一部著者の主観的意見や、時間経過により陳腐化した情報が含まれる可能性があることを予めご理解ください。

適時訂正・加筆を行い、できる限り正確な情報提供に努めておりますが、その全てを保証できものではありませんので

本サイトの閲覧や情報収集等については、以上のような点にご留意の上、行ってください。

また、本サイトの利用者と第三者との間でトラブルが発生した場合は、当事者間で解決を図るものとし、運営者は一切関与いたしません。

自己紹介の補足

私が漢方薬を深く学びたいと思ったのは、夫婦で不妊治療を始めたのがきっかけでした。

薬剤師として何かサポートできることはないかと、不妊治療に使われる薬を調べていました。

そんなときに中医学の周期療法という言葉を知って興味をもちました。

(周期療法とは西洋医学の月経周期のメカニズムと中医学の理論とを合わせた不妊への対処法です。)

それをさらに詳しく知りたいと思ったことと、病気の原因を追求し、体質から改善させることに重きをおく中医学、東洋医学の考え方にも次第に惹かれていきました。

詳しい経緯は省略しますが、それから時間が過ぎ、現在、子供はふたり。

もちろん産婦人科の先生と、妻自身の努力のおかげですが、漢方薬が少しでも手助けできていたとしたらうれしいのです。

無事に子供が生まれてからも漢方薬の勉強だけはずっと続けている次第です。

 

現代社会の生活スタイルは多様です。食生活の乱れ、日常のストレスなど複雑な原因によってホルモン分泌バランスを崩し体の不調を招いています。

今後漢方の理論はますます重要さを増し、普及されることが望まれてきているように感じます。

これからもっと漢方薬が広まって多くの方に貢献されることを願っています。

 

このサイトを作成するのは、基本的には、子供が二人とも眠りにつき、妻も布団へ向かったあと、

その時点で私がまだ起きていて、他の用事が片付いていて、かつ、酔っぱらっていないとき、に限られます。

一人で書いていますので、更新頻度は高くないと思いますし、質問を頂いても回答に時間がかかることもあるかと思います。

ご了承ください。

当サイトへのリンクについて

当サイトは完全リンクフリーです。トップページ、記事など、正規に公開しているページであれば、どのページにリンクしていただいても問題ありません。ただしインラインフレームの使用や、画像への直リンクなどは禁止させて頂きます。

著作権について

当サイト記事からの引用に関しましては、できるだけ「引用元を明示」して頂くことによって、ご自由に引用頂いて構いません。ただし、全文転載はお断りします。引用許可範囲については、事前予告なくこれを変更する事があります。また、当サイトのRSSを利用し、コンテンツをそのまま盗用することはやめて下さい。

 

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.