苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう):RKJK

主には心悸亢進(動悸)に用いたり、

めまい、ふらつき、立ちくらみが主症状という場合にはファーストチョイスとなりうる漢方薬。

脾虚の寒飲に対する基本処方です。

脾胃(胃腸)が弱い、または冷えがあるために(脾陽虚)、水飲の停滞(水毒)があります。

腎の方へ降りていかないといかない水の流れが滞り、それにより気の流れも阻害されます。

体の上部に過剰になった「水」、正常に上昇下降ができない「気」の影響が、体の上部、主に「心」や「頭部」に及んでいる状態です。

構成生薬は、処方名の通りで、茯枝・草の4種類。(別名:茯苓桂枝白朮甘草湯←そのまま)

苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)や、苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)、苓桂味甘湯(りょうけいみかんとう)など漢字一文字違いで間違いやすい漢方薬があるので注意してください。

苓桂朮甘湯の組成(構成する生薬)

  • 茯苓(ブクリョウ)
  • 桂枝(ケイシ)または桂皮(ケイヒ)
  • 白朮(ビャクジュツ)または蒼朮(ソウジュツ)
  • 甘草(カンゾウ)

(白朮か蒼朮かに関してですが、苓桂朮甘湯においては様々な解釈があるようで、蒼朮とされていても間違いではありません)

苓桂朮甘湯のポイント

茯苓・白朮という、胃腸の機能を高めて水分代謝を改善する生薬が配合されています。

冷えや脾胃が弱いために体内に水飲が停滞している状態が基礎にあるときに適する方剤となっています。

茯苓・桂枝・朮 + 甘草 → 苓桂朮甘湯
茯苓・桂枝・朮 + 猪苓・沢瀉 → 五苓散

五苓散に配合される猪苓や沢瀉のような補益性のない生薬は除かれているので、五苓散は利水メインだとすれば、苓桂朮甘湯は、それより補脾の目的が強くなります。

桂枝と甘草とは、血行を強めるはたらきで、脳への血液循環を促進しています。

桂枝+茯苓の組み合わせは、過剰な気や水(津液)を下へ引き降ろし、心悸亢進(いわゆる気の上衝)を抑える効果があります。

桂枝はまた、血管を拡張し体を温め、茯苓と白朮の利水効果を強めますので、総合的に、冷えが原因で起こる水液流通不良による症状に適していることになります。

苓桂朮甘湯の効能・適応症状

めまい、ふらつき、立ちくらみ、メニエール、動悸(心悸亢進)、息切れ、

低血圧症、起立性めまい、耳鳴り、肩こり、頭痛(脳の虚血性症状)

自律神経失調症、神経質、ノイローゼ、神経衰弱、更年期障害

乗り物酔い、慢性胃炎

四肢の冷え、水泡性(フリクテン性)結膜炎、緑内障、眼瞼腫脹

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が苓桂朮甘湯で治せる、ということではありません。

ふくろう体質に苓桂朮甘湯

苓桂朮甘湯が使われる(著効する)例として、ふくろう型体質と呼ばれているものがあります。

朝が極端に弱く起きられず体がだるい、朝はずっと食欲がなく、午前中は頭がぼーっとしていてミスもしやすい、夕方~夜になってようやく本来の調子が出てくるので、夜に仕事をして夜更かしをしやすい。

不登校(登校拒否)や、遅刻の多い子供であったり、低血圧や低体温の人の中にみられることがあります。

血圧が低ければ、血液を送り出す力が弱いので、上体を起こした時に、一般的に言われる貧血様の症状がみられます。

めまい、立ちくらみ、頭痛、肩こり、耳鳴りなども、頭部への血液の供給が不足することで起こりやすい症状です。

起き上がると気分が悪くなり、横になって休むと症状が軽減しやすい。起き上がれないので脳のスイッチが入らない。そして学校や仕事を休みたくなります。

少し動いただけで動悸がすることもあります。(頭部に急に血液を送り出さなければいけなくなったので心悸亢進します)

さらに、水毒がひどければ、朝起きた時、顔がむくんでいたり、まぶたが腫れぼったくなっています。

天気が悪いとき、気圧が低いときにはもっと朝起きれない症状がひどくなります。

めまいや車酔いを起こしやすくなる、ということもあります。

このふくろう体質に対して、苓桂朮甘湯の作用は・・・

茯苓・白朮で、血管外に停滞している水を血管内に引き込む、引き込むことで血管内の循環量が増える、それをさらに、桂枝が頭部へ血行をつよめていることで、頭部での気血水の巡りが改善してくる、と推測することができます。

ちなみに、フクロウに対して、朝から元気な人は、ヒバリ型と言われます。

めまいとメニエールとその漢方薬について

めまいについて

めまいを症状から分類すると、「回転性めまい」と「非回転性めまい」があります。

「回転性めまい」は、ぐるぐる回る、くらくらして歩けない、という回転性の症状がみられ、症状のはげしいものが多いです。頭の位置を動かしたときに発生しやすいことがあります。メニエール病でもこのようなめまいが起こります。片頭痛の方の中にも、回転性めまいを伴っていることがあります。小脳や脳幹に、出血や梗塞など、脳血管障害が原因のこともあるので注意が必要です。

「非回転性めまい」は、フラフラ、ふわふわ、という浮動感、不安定感が主体です。立ちくらみ、起立性低血圧、貧血によるふらつき、よろめきを含める場合があります。脳の疾患や、精神神経的な障害でも浮動感の訴えが出やすいです。薬物の副作用で起こっているめまい、ということもあり得るので気をつけなければいけません。

また、めまいに関する平衡感覚には、耳の疾患が関わっていることもあり、めまいに難聴や耳鳴りが合併することはよくあります。逆に耳鳴りが合併しているめまいであれば、耳(内耳)が関与していることが推測できます。

典型的なメニエール病の症状は、回転性のめまい・難聴・耳鳴り・耳閉感です。

メニエール病は、ストレス・疲労・睡眠不足で発症すると言われていますが、その症状の起こる原因は、内耳の内リンパ水腫によるものとされています。一般的な治療は、内リンパ水腫を改善させることを主な目的に、利尿薬や内耳の血液循環改善薬などが用いられます。また吐き気を伴いますので吐き気止めが一緒に使われます。

メニエールに使われる漢方薬

さて、メニエール病に使われる漢方薬というと、例えば

苓桂朮甘湯の他、半夏白朮天麻湯や五苓散などの利水薬が代表的です。(急性期は主に五苓散)もしくは、利水薬を基本とした「化痰利水薬」といわれるものです。

「化痰利水薬」とは、利水薬の茯苓や白朮と、化痰薬の半夏や陳皮などが配合されるもので、体内に発生した異常な水液の停滞を改善させる方剤です。水液の偏在を解消し、余分な水液は排泄させます。

つまり漢方では、めまいの原因の根底には、水分代謝の異常、いわゆる「痰飲」や「水滞」「水毒」と言われるものがあると考えています。

 

ということで、西洋医学的にメニエール病の内リンパ水腫を改善しようとすることも、

漢方的に病的な水滞を除こうとすることも、基本的には「水」の流れを整えようとしているので、よく似た治療にも思えます。

西洋医学では、抗不安薬が追加されたりもしますが、漢方の場合は、水滞や痰飲の発生の原因である「脾胃虚」(脾の機能低下)に配慮した方剤も使われます。

苓桂朮甘湯と五苓散は、水液の循環を良好にするための配合ですし、半夏白朮天麻湯には、脾胃を補う生薬もたくさん入ります。

苓桂朮甘湯の副作用や注意点

苓桂朮甘湯と苓姜朮甘湯、または苓桂甘棗湯。処方名は似ていても、生薬(薬味)が1つ違うだけで効能はだいぶ違います。きちんと確認してください。

比較的早く(数日程度で)効果を実感されることもあれば、体質改善の目的で長く服用されることもあります。

めまいや動悸以外の症状に応じて、他の方剤と併用されることもあります。

長期に使用したり、併用したりする場合は、甘草が含まれているので副作用には注意してください。

冷えがある時には適する方剤ですが、逆にのぼせやほてり等の熱性(充血性)の症状が強い時は控えてください。

急性期の激しいめまいのあった時は、まず十分に西洋医学的な検査と治療を行ってください。その後の慢性的なめまい、繰り返し起こるようなめまいに、漢方薬も考慮してみてください。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

苓桂朮甘湯の関連処方

連珠飲(れんじゅいん)は、苓桂朮甘湯+四物湯(しもつとう)です。ルビーナという名前で市販もされています。

明朗飲(めいろういん)は、苓桂朮甘湯に車前子・細辛・黄連を加えたもの。結膜炎のような目の痒み・涙目など、苓桂朮甘湯を眼の疾患に応用した方剤。

定悸飲(ていきいん)は、苓桂朮甘湯に、呉茱萸・牡蛎・李根皮(李皮)を加えたもの。ストレスが強く、不安感から動悸が一層気になってしまう場合に。

また、エキス剤だと苓桂甘棗湯の代用として、苓桂朮甘湯と甘麦大棗湯との合方で用いられることがあります。

苓桂朮甘湯とその他の方剤との使い分け

さいごに、めまいや動悸に使われる苓桂朮甘湯以外の漢方薬を挙げておきます。(参考程度に)

  • 五苓散:急性のめまいで、吐き気や嘔吐がある
  • 沢瀉湯:頭を動かさずじっとしていてもめまい、回転性めまい、動悸はない
  • 当帰芍薬散:冷え症、貧血に伴うめまい
  • 真武湯:冷えが強い、浮動性(フワフワ)のめまい
  • 半夏白朮天麻湯:胃腸が弱い、気虚、慢性的なめまい
  • 苓桂甘棗湯:ヒステリー的な動悸
  • 炙甘草湯:気と津液の不足(気虚と陰虚)で動悸

苓桂朮甘湯の出典

傷寒論(3世紀)

「傷寒、若しくは吐し若しくは下して後、心下逆満、気上りて胸を衝き、起きれば則ち頭眩し、脈沈緊、汗を発すれば則ち経を動かし身振々として揺を為す者は、苓桂朮甘湯之を主る」

→急性熱性疾患で、吐いたり下したりしてしまった後、みぞおちが痞えて、動悸がし、起きれば頭がクラクラする。ここで発汗させてしまうと血液循環に影響をきたして、めまいやふらつきを起こしてしまう場合は、苓桂朮甘湯が適します。

金匱要略(3世紀)

「心下痰飲あり、胸脇支満、目眩するもの、苓桂朮甘湯之を主る」

→心下(胃)に痰飲があるために、胸脇部が痞えて膨満し、めまいが生じるものは、苓桂朮甘湯で治します。

「夫れ短気微飲あるは、当に小便より之を去るべし、苓桂朮甘湯之を主る。腎気丸もまた之を主る。」

→息切れするのが(かすかな)痰飲のせいだとすれば、利尿によって水を巡らせればいいので、苓桂朮甘湯または腎気丸を使います。腎気丸は八味地黄丸のことです。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク